インド×後藤匠 世紀のセッションvol.2~ガンジス川で断髪式~ 

Posted by shogoto Category: Blog

第二弾!クラウドファンディングプロジェクト始動!

 

こんばんは、今年厄年です。

とうとうリリースされました、あたらしいプロジェクト、、

インド×後藤匠 世紀のセッションvol.2~ガンジス川で断髪式~

クラウドファンディング特設ページはコチラ

この題名から、「ガンジス川で断髪式」がフューチャーされがちですが、というよりも、メインとなっているようですが、さすがに断髪するために行くわけではありません。

昨年のカンボジアよりもさらに混沌としたインドにて、国境を越えたセッションをしに行く。ギターを鳴らす。歌う。そういうことです。これが最大最高の目的です。(今年厄年です)

断髪式もしますが、それはインドに受け入れてもらう。いや、インドに受け入れ態勢を整えてもらう。そのための、ガンジス川で断髪式です。

インドはバックパッカー上級者の国と呼ばれていて、隣国パキ、、、、、、ここまででよしましょう。(今年厄年です)

 

さて、今回行くのは、バラナシとデリーを予定しています。ガンジス川はバラナシにあるんですね。

インドのインディーズ音楽は、とても盛り上がりを見せています。よくよく調べてみると、オルタナやヒップホップが特に若者に支持されているようです。古典インド音楽もなかなかそそられるものがあります。

今回は、目に見える形での活動報告ができればと考えています。

メジャーアーティストのようにツアーをするわけでもありません。僕のことなんて誰も知りません。しかし、街角で僕は全力で歌います。

昨年のカンボジアで僕は魔法の言葉を身につけました。

アイムモーストフェイマスジャパニーズスィンガー!

この魔法の言葉を十分おきくらいに叫ぼうと思います。みなさんも行き詰まった時や思い悩んだ時にこの魔法の言葉を叫んでください。人生が変わります。

 

とここまで、あたかも行くのが必然かのように書いてきましたが、クラウドファンディングが達成しなければ、これらもただの妄想となります。

やっぱり、カンボジアは楽しかったです。正直辛いことや厳しい場面もありました。でも、音楽ってめちゃめちゃ楽しいなって。

言語を越えたところのダイレクトな反応がビシビシ伝わってくるんです。うわ、すげー……って面食らいました。

音としての音楽がそこでは問われます。

僕なんてちっぽけな存在です。

だからこそ、そこで、その、音楽を僕は試したいんです。

次はインドで。

 

ぜひご支援のほど、よろしくお願い致します。

 

後藤匠